2009年08月10日

勝ちにいこうぜ!

管理人の夏休みは、栃木の実家に1週間帰省すること。

これ毎年の恒例です。

仕事の都合で世間の皆さんとは1週間早いタイミング。

管理人の実家は、

地元では有名な、

「1万人プール」のすぐそばで、

田舎の夏休みを満喫するには絶好の場所なんです。

子どものころ通ったカブトムシの狩り場。

最近では見かけなくなったものの、

夜、ふと見渡すと闇夜に光るホタル。

寝るときに聞こえる小川のせせらぎや蛙の声。

由緒正しい日本の夏がそこにあります。

日頃の疲れを癒せる故郷の風景。

皆さんもそんな大切な場所で夏休みを過ごしていることと思います。

さてDMな話題。

皆さんの回りではDM盛り上がってます?

ウチでは残念ながらトーンダウン中ですが、

昨日の月例会で皆さんから情熱が感染してきました。

神奈川のK君いわく、

「世間では青単、シノビドルゲ一色ですよ。」とのこと。

そもそもビートは強い!

でも決めに行くときの手札が枯れてしまっている・・・。

というのが弱点だったものの、

この二つのデッキタイプは、

十分に確保される手札がその強さを支えています。

だったら早い方が強いよね?

ってことで青単が隆盛ってことなんでしょう。

アストラル・リーフ全盛期を彷彿させる今の環境は、

コントロールに傾いていた環境のへの反動だと言えるのでしょう。

さて、管理人はと言いますと。

はて?何がしたいんだっけ?と五里霧中。

しかし、昨日Tパパさん、K君にぼろ負けして、

本質に立ち返りました。

勝ちたい!

これに尽きます。

もともと子どもの勝利のために始めた競技ですから、

もちろん、勝利こそ最大の目的です。

あとはどう勝つか!

ま、それが問題なのですが。

立ち返りついでにもう一つ。

ウチの戦術の基本って?

前のめり!

特攻!速攻!

だったことを思い出しました。

ナスオの赤単

ゆうルフィのパシチャン青単

管理人の水バジュラ

自分のこだわりのデッキで勝つことこそ、

デュエルの最大の魅力でしたね。

昔のブログを読み返して行きつきました。

ま、ごちゃごちゃ考えずに楽しんだもの勝ち!

という大前提を思い出しました。

こだわりを投影できるカードを模索中!

posted by mohei.no1 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわぁー!!
テンションあげていきましょう!
仕事が忙しくへとへとです。
カードを見ていると眠気が(-.-)Zzz・・・・
でも、スザクさんも次回参加するとのこと!
またまた張り切ってます♪
会長も頑張って下さい!!
私が言える立場では、ないですね…
自分が頑張ります♪
Posted by れくたママ at 2009年08月11日 16:21
深夜に失礼します!
久々になりましたが書き込みを・・・

まずは、9日の月例会。友人共々参加することが出来ず、すいませんでしたorz次回は是非とも参加させていただく所存です。宜しくお願いします。

さて本題。
>>自分のこだわりのデッキで勝つことこそ、デュエルの最大の魅力でしたね。

自分のこだわりは「速攻」。相手が行動を起こす前にSを粉砕し、弄り倒す。これに尽きます、尽きてしまうんですww
しかし陰ながらいろんな所で批判されている速攻。それが多少速攻使いとしては残念でなりません。しかし誰に批判されようが自分のこだわりを捨てるということは良く無いコト。「こだわるならこだわり通す」。
この精神&考えでいきたいところです。

結局自分は何が言いたいんだろうww
雑文すいません。これで失礼しますw

追記になりますが今度DRetcでお会いしたら久々にフリー宜しくお願いします!!
Posted by ☆テマ☆ at 2009年08月14日 03:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。